どっかのシンジローが一般人に投げられたペットボトルの銘柄は午後の紅茶のミルクティーです

※太字をクリックすると詳しい内容のページが見れます。

どっかのシンジローに投げられたペットボトルの銘柄は午後の紅茶のミルクティーです。場所は横須賀中央の京急のガード下です。演説中では無く、選挙前に横須賀のお祭りの時に、横粂勝仁とかいうあいのりに出ていたゴミみたいな弁護士崩れが「1967年4月、逗子海岸で女子学生レイプして逗子警察署(i山さんが担当)に勾留され、当時防衛庁長官だった父親が工作して放免された輩」の小倅に握手無視を偽装した直後の事です。抗議の行動に出た理由は、ホストクラブ「ラフィン」のトイレで情交していながら地元の経済振興をないがしろにした事です。節操が無いといえばセキスイ地面師事件でセキスイの振り出した小切手を持ち歩いて割り引いた輩はこの小倅の父親が内閣総理大臣の時、財務副大臣をしていました。パチンコ問題は一切取り上げず横浜市カジノ誘致表明には過剰な反対運動をする在日韓国人三世横浜市議の反社行為について告白した元横浜市会議長もシンジローと同じJ民党でしたね。

話を作るなよ。
http://www.nikaidou.com/archives/116090

小泉進次郎に直撃取材!小泉を握手無視動画でハメたよこくめ勝仁

横浜、IR誘致で露呈した何とも厳しい「懐事情」【田中康夫横浜カジノ考察】

https://toyokeizai.net/articles/-/301945?page=3

横浜市役所が議員に配布したカジノ資料

東洋経済の記事は、実に興味深いです。横浜市の財政事情を丁寧に説明し、市民をある程度納得させてからカジノ誘致表明をした方が良かった・・。実際にカジノを作ったとしてもさほど治安への影響は出ないのでは・・・と専門家は予測しています。今の神奈川県警のレベルで対応出来るのか?・・とそちらを心配します。

日産・京急・カジノ・防災・福祉・医療・保育・教育etc. 文明開化の街YOKOHAMAが直面する問題こそ 一刀両断的に他力本願体質な鈍感力ニッポンを改める羅針盤、って認識で【田中康夫】

「俺は命を張ってでも反対する」カジノ誘致と闘う覚悟を示した“横浜のドン”

ハーバービジネスオンライン 

2019/09/15

 林文子・横浜市長がカジノ誘致を表明した翌8月23日、“横浜のドン”の異名を持つ藤木幸夫・横浜港運協会会長が記者会見を行った。カジノ推進の急先鋒の菅義偉官房長官(神奈川2区=横浜市西区・南区・江南区)を「安倍首相の腰巾着」と一刀両断、「俺は命を張ってでも反対する」「私はハードパワーと闘うつもりでいるよ」と、誘致阻止に向けて徹底抗戦することを宣言したのだ。  89歳とは思えない迫力ある藤木氏の会見映像がテレビで流れると、カジノ反対が大多数(各種世論調査による)の横浜市民からは、「久しぶりに本当に感動した」といった声が相次いだ。  8月31日の市内での講演「横浜港の未来に向けて」(主催・自由民権会議@神奈川)では、満員で会場に入れない人が続出。その講演の最後にも藤木氏は「(カジノ誘致阻止を)私は命がけで、一人でやります。死ぬ時は一人で死にます」「いつ死んでもいい覚悟。本当は嫌だけど、覚悟しないと何もできない!」と啖呵を切り、大きな拍手が会場に響き渡った。

 23日の記者会見で藤木氏は「顔に泥を塗られた。泥を塗ったのは林さんだけど、塗らせた人がいる」と切り出し、その背後にいる有利推進勢力を「ハードパワー」と称した。そこで、筆者は次のように聞いてみた。 ――(そのハードパワーは)地元選出で“影の横浜市長”とも呼ばれている、林市長にも大きな影響力を持っている菅義偉官房長官とだというふうに聞こえたのですが。藤木会長:それはあなたの自由。 ――菅官房長官は秋田から出てきて、横浜が第二の故郷。若いときからよくご存知かと思います。横浜にお世話になった菅官房長官が、横浜を米国カジノ業者に売り渡すような行為を推進する側に回っている。このことについてどう思われますか。藤木会長:いま菅さんという名前をあなたが言うから申し上げるけど、とても親しいですよ。いろいろなこと、昔から知っているし、彼もオレを大事にしてくれるし。ただ今、立場がね。(菅氏は)安倍さんの腰巾着でしょう。安倍さんはトランプさんの“腰巾着”でしょう。  そこで、国家安全保障という大きな問題があるでしょう。日本の国は徴兵制がない。徴兵制がない国は世界でいちばん舐められている、国家の中で。この違いが(外国と日本の)国の中核の人たちの(違い)。今の安倍さんも菅さんも、トランプさんの鼻息をうかがって――。寂しいよ。寂しいけれども現実はそうでしょう。いずれにしても個人的な名前は省いて、いまハードパワーが横行している。

「菅氏=ハードパワー」という断定は避けたものの、「菅官房長官は安倍首相の腰巾着。安倍首相はトランプ大統領の“腰巾着”」と指摘することで、米国に「NO!」と言えない安倍政権が横浜へのカジノ誘致を引き起こしたということを匂わせたのだ。  菅氏官房長官は、藤木氏の盟友(“兄弟分”)である小此木彦三郎・元建設大臣の秘書を10年以上務めた。その後、横浜市議を経て、国会議員から官房長官にまで登り詰めた。藤木氏は菅氏の「後見人(育ての親)」に等しい存在で、両者は「師匠と弟子」のような関係を続けてきたともいえる。  しかし今や菅氏は、藤木氏が命がけで阻止しようとするカジノ誘致を推進する側に回り、第二の故郷・横浜を米国カジノ業者に“献上”する役割を演じようとしているのだ。「寂しいよ」と漏らす藤木氏に、米国の鼻息をうかがってばかりの安倍政権についての質問を続けていたところ、冒頭の「徹底抗戦宣言」が飛び出したのだ。 ――名前は省いて、構造的なところだけ教えていただきたいのですが。トランプ大統領は(米国カジノ業者の)「ラスベガス・サンズ」のアデルソン会長(※)から莫大な献金をもらっている。そのラスベガス・サンズが「横浜に進出する」と表明した。そういうアメリカの意向を受けて日本政府がなかなか反論できず、これを「ハードパワー」として推し進めているのではないか。こういう構図と理解していいのでしょうか。藤木会長:「うん」と言ったら、オレが言ったことになってしまうからね。オレは命を張ってでも反対するから。自分でできるのはそれだけだ。後は、市民の皆さまがどうするかはまた一人一人違う。私は港湾人として、ハードパワーと闘うつもりでいるよ。


 藤木氏は、23日の講演でこう振り返った。 「カジノの問題が出始めた頃、私は官房長官の菅さんに電話しました。『議員会館の自分の部屋に20分、時間を作って来ていてくれ。俺が行くから』と言って2人きりで話して、カジノに対する私の態度表明をしました。  私は『カジノ反対だよ。博打だから』と言った。私の友達が(博打で)おけらになったのがいっぱいいるから。だけれども最後に『(カジノを)やるならオレがやるよ』と言ったら、彼は『はい』と言いました。さらっとした会話で、意思の疎通をはかっておいた」  当初は菅氏と同じカジノ誘致賛成派であったという。その理由についても語った。 「我々の足元に、依存症で苦しんでいる人がいっぱいいる。子供が苦しんでいる。私自身が社会福祉法人を(経営)している。だから、そういう人たちの生々しい話、お母さんがパチンコ屋に入り浸りで、お父さんは酒を飲んで何かあったら機嫌が悪くて引っぱたかれる。家にいられないから逃げて(施設で)暮らしている。そういう家庭の方が足元にあることを知らなかった」(藤木氏)  依存症学会の会長を呼んで勉強会を開いた藤木氏は、「旦那が(ギャンブル)依存症でダメになり、自分自身も依存症になって惨めになる。こんなひどいものはないのだ」といった生々しい話を聞いていくうちに、「えらいものが横浜に来てしまうぞ」と思って、カジノ反対へと考えを変えたという。  藤木氏は「気が変わるのは得意だけれども、これ(カジノ)だけは二度と(やると)言いませんから」と断言した。  そして藤木氏は「カジノは『秒殺』、『秒で殺す』。楽しんでいる暇はないそうです。何億円というお金をかけても、一瞬・一秒でオケラになってします」とカジノの恐ろしさを伝える側に回った。  集会の最後に藤木氏は、世界中の情報が集まっていることを参加者に明かした。「世界の反応をちゃんと取っています。この横浜の反対運動に、各国の関係者が拍手しています。私は毎日毎日、張り合いがある。皆さん、よろしくお願いします」

 藤木氏の講演を聞いていた地元選出(神奈川8区)の江田憲次衆院議員は、直後の挨拶でこう切り出した。 「『死んでも阻止する』とテレビで報道されて、感動を呼んでいます。主婦の皆さんが見て『久しぶりに本当に感動した』という声が多く寄せられている。われわれ政治家も、それだけの覚悟を持ってやらないといけないと思いました」  続いて江田氏は、カジノ阻止に向けた横浜市民との連携も呼び掛けた。 「これは普天間飛行場の辺野古移設と同じです。(安倍政権は)何を言っても強行してきます。『これをどうやって止めていくのか』という意味で今日、『あらゆる手段を駆使して阻止しよう』とい緊急アピールを出しました。  そのあらゆる手段は皆さんがお決めになる。我々が出しゃばって決めることではありません。まさに横浜市民が決めていただく。幸い、あちらこちらで今日みたいな会議があり、声が上がっています。  口先や空理空論ではない、本当に地に足をついて反対をされている藤木会長。(集会参加の)皆様もそうだと思います。とにかく我々の横浜の将来、我々の子や孫の将来を真剣に考えれば、『横浜カジノ誘致』という選択は絶対にありえないと思います。皆さんとともに頑張りたいと思います」(江田氏)  藤木氏の訴えが、国会議員を触発しながら横浜市民の間に広がり、カジノ反対の気運が急速に盛り上がっている。林市長のカジノ誘致表明で「このままでは横浜にカジノができてしまう」と危機感を持った人々と、「ハードパワー」として推進しようとする安倍政権とのバトルが熱を帯びてきている。

日本国旗引き摺り下ろしの井上さくら横浜市議、林文子市長に「カジノ誘致表明会見資料ぶん投げ」について質疑

林文子横浜市長のカジノ誘致表明会見資料ぶん投げ質疑をした井上さくら横浜市議。質疑内容は市民感情として評価出来るが過去に横浜市会本会議場で日本国旗を引き摺り下ろそうとして、除名処分となった曰く付きの人物である事も報じたい。日本国旗を手がすべって引き摺り下ろそうとしたのか?!

【せと弘之】横浜市カジノ誘致問題

 左翼勢力だけの反対運動にはしない。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53331592.html

市民の党の横浜市議、井上さくら、与那原寛子両氏は02年5月29日、市議会本会議場で国旗を引き下ろそうと揉み合った。同年6月5日の本会議で2人は議長席と事務局長席を占拠、6時間近い議事妨害で、地方自治法上最も重い除名処分を受け失職した。

市民の党「セクトに所属していないさまざまな左派、元活動家が集まった団体」

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/MPD%E3%83%BB%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%A8%E6%B0%91%E4%B8%BB%E9%81%8B%E5%8B%95

井上さくら横浜市議について

https://9321.teacup.com/sinpo/bbs/2008

IR誘致会見後の書類投げ捨て 横浜市長「手が滑った」

2019.9.3 16:29 産経新聞

 横浜市の林文子市長は3日、8月22日のIR誘致方針決定の記者会見後に、手にしていた書類を投げ捨てたとみられる映像がテレビで報道されたことについて、「手が滑ったことは間違いない」などと述べ、映像が本人であることを認めた。

 市議会定例会で、井上桜議員(無所属)の質問に答弁した。

京急脱線事故でNHK記者が勝手に線路内侵入

横浜市内での鉄道事故が頻発しています。横浜市交通局も民間の鉄道会社も安全管理を軽視しているのでは?!京浜急行はカジノ含めた統合型リゾート(IR)の有力候補業者。外資系と組んでカジノを開設する事になっても管理体制をきちんとしてやって頂きたいですね。この事故の現場で天下のNHK様が無許可で京急の線路内に侵入して撮影している事が判明。良識を疑いたくなる報道姿勢に呆れ果てました。

京急の事故の取材でやりたい放題のNHK記者!

【余談】BBC受信料徴収はNHKよりエグい?~世界の公共放送事情~

日本のNHKに近い状態で賄われているのが、イギリスBBC。
▼イギリスの受信料制度
・イギリスは受信料を強制徴収。年間2万円くらい。
・やはりイギリス人のなかでも、BBCにお金払うのイヤだという人はいる。
★じゃあどうやって支払わせているのか?
⇒これは、郵便局で1年間有効の受信許可証を買う、という仕組み。
 テレビやビデオデッキを所有するために、許可証が必要。
 そして支払ってきた証拠がないと購入できない。
 その結果、受信料支払い率98%!
★無許可受信者には1000ポンドの罰金(現在だと13万円)。
⇒つまり、強制力が日本と全然ちがう!

事故直前に、トラックの運転手が京急の社員にトラックの移動確認をしていながら起きた事故との事。

カジノ反対!在日韓国人三世横浜市議太田正孝の裏の顔

カジノ反対!でもパチンコ問題は一切取り上げない在日韓国人三世横浜市議太田正孝(以下、市議)。J民党元横浜市会議長の告白(下記の動画)でも市議の裏の顔が赤裸々に語られている。中田宏(鄭宏)元横浜市長の愛人奈々スキャンダルでも暗躍していた事は有名な話だ。市議の関係する「社会福祉法人み●りの●の」についても疑惑が出ている。反社の在日韓国人三世横浜市議に融資しているかながわ信用金庫と横浜銀行は大丈夫か?

在日韓国人三世横浜市議太田正孝の豪邸は124500万で販売中

在日韓国人三世横浜市議太田正孝とはどのような人物なのか?


「無所属なので、自民党議員が多数を占める議会での発言力はあまりありませんが、当選11期目を数える横浜市会最古参の大物市議です。それだけに横浜では力を持っており、過去にはさまざまな利権に絡んできたともささやかれています。磯子区にある自宅は迎賓館まである大豪邸で『磯子のマラカニアン宮殿』などと揶揄されており、ロールスロイスを3台所有するほどの資産家。また、一部では反社会勢力との親密関係も取り沙汰されていますが、その一方で東日本大震災による原発事故の際には、横浜市の放射能対策に積極的に取り組み、主婦層の喝采を浴びたりもしています。いずれにせよ、毀誉褒貶相半ばする人物ではあります」(横浜市会関係者)

カジノ反対!横浜市長室に突撃する太田正孝横浜市議(在日韓国人三世)、パチンコ問題は一切取り上げない

元横浜市長中田宏(鄭宏)が「何でパチンコの事は言わないの?!」と自らのYouTube番組で問題提起をしている。この事は在日韓国人三世の同胞・太田正孝横浜市議の事を指しているのか?

横浜市がカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を発表した事に反対する太田正孝横浜市議(在日韓国人三世)が横浜市長室前でパフォーマンスを実施。太田市議は、反社密接交際 の質問にはノーコメントを通した。カジノ問題は執拗に追及するくせにパチンコ問題は一切触れない太田市議の姿勢に注目が集まります。

カジノ反対!横浜市長室に突撃する太田正孝横浜市議(在日韓国人三世)は、自ら稲川会現役幹部との交際を吹聴していた。

氏名太田 正孝(おおた まさたか)
会派立憲民主
期数市議11期
住所等〒235-0021
岡村6-5-55(事務所)
事務所電話:045(761)9610
http://www.ota-masataka.com/(外部サイト)
e-mail: ota@wonder.ocn.ne.jp

注・浜村

浜村忠典(はまむらただのり)は日本のヤクザ。指定暴力団・稲川会の3次団体、
七代目一之瀬一家・二代目小松組組長。稲川会理事

横浜市がIR誘致を正式表明 市長「本格的に準備進める」

神奈川新聞  2019年08月22日 14:11

 横浜市の林文子市長は22日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致する、と正式に表明した。

 同日開かれた会見で、市長は「これまでの横浜市における調査・分析の結果や国の動向などを踏まえ、IR実現に向けて本格的な検討・準備を進めることにした」と説明した。

“ハマのドン”・藤木氏「山下ふ頭は聖地、博打場にはしない」

“ハマのドン”・藤木氏「山下ふ頭は聖地、博打場にはしない」 林市長のカジノ誘致表明を受け

8/23(金) 14:17配信  abema News

 22日に横浜市の林文子市長が会見を行い、カジノなどを含むIR=統合型リゾートの誘致に向けた本格的な検討準備に入る意向を明らかにしたことを受け、これまで一貫して「誘致反対」を主張してきた横浜港運協会の藤木幸夫会長が記者会見を開き「大きく顔に泥を塗られた。俺一人になっても反対する」と発言。改めて反対の立場を鮮明にすると「山下ふ頭は聖地、博打場にはしない」と決意を滲ませた。

 地元のFMラジオ局「FMヨコハマ」の社長や「横浜スタジアム」の会長を務める藤木氏は政財界に顔が広く、“ハマのドン”とも呼ばれている。藤木氏が一層態度を硬化させたことで、林市長が掲げたカジノ(IR=統合型リゾート)構想は早々に大きな壁にぶつかったことになる。さらに17年の市長選を「白紙状態」で戦った林氏は態度を一転させたことにもなり、同市が市民から誘致に関する意見を集めたところ94%が「否定的」であった事実なども勘案すると、今後は市民からの反発も予想される。

 さらに藤木氏は林氏について「大きく顔に泥を塗られた」と話すと「先月、ああしたい、こうしたいというお願いを紙に書いて正式にお出ししたが、その返事も頂いていない。その返事ぐらいくれよ、と言いたい矢先にこういうことになった。すぐに文句を言うのが普通だが、文句を言う気が全然ない。なぜなら、泥を塗ったのは林市長だが、泥を塗らせた人がいるということはハッキリわかっている」と述べる一方、「自分の部下の局長や周囲の友人たち、普段世話になっている経済団体の長のような方々に対して、あなたが一つの防波堤をやっていたことを感じていた。昨日(の会見)までよく我慢した」とも話し、林市長の立場、決断に一定の理解も示した。

 建設候補地として検討されている山下ふ頭は港湾事業者の倉庫が多い。横浜市は再開発を名目に移転を要請しているが、立ち退き要請に応じる気配はみられない。仮に誘致が実現すれば、同市の試算ではインバウンドを含むIRの訪問者数は年間2000万人を上回り、区域内での消費額は4500億円以上。さらに建設時に7500億円、運営時には年間6300億円を超える地域経済への波及効果が見込まれ、最大で1200億円の増収が期待できるという。なお3つの枠を競うのは現在、横浜市、和歌山県、大阪府と市、長崎県の4カ所。このほかにも北海道、東京都、千葉市、愛知県などが誘致を検討している。

【韓国】ホワイト国除外を語る中田宏(鄭宏)=在日韓国人三世

在日韓国人三世元横浜市長中田宏(鄭宏)日韓の信頼関係を語っている中で「でも韓国の皆さん安心してください。ホワイト国より非ホワイト国の方が多いんです。」と自分の祖国同胞を慰めている。両親が統一教会信者だったとの証言もあるので納得できる内容だ。中田宏(鄭宏)を愛人奈々スキャンダルで吹き上げて排除して名を上げたカジノ反対と吠えながら反社と親密交際する在日韓国人三世横浜市議はどう感じるのだろう?! 中田宏(鄭宏)もそろそろ、改製原戸籍を公開して、真実を認めて出直してはどうか?以前、東京地検に愛人奈々に送った携帯メールが偽物と名誉棄損で告訴して鑑定した結果、奈々から来た本物の携帯メールと確認され、告訴した相手側は不起訴になった事件の責任を 中田宏(鄭宏) はきちんと取るべきです。

【韓国企業】伊東市・メガソーラー問題のハンファエナジージャパン、関西でも追加工事費用未払いで下請け業者倒産!!

伊東市の「伊豆高原メガソーラー事業」で山林を環境調和を考えずに強引な開発を進めて伊東市議会や静岡県を巻き込み、色々と話題のハンファエナジージャパン伊豆高原の騒動と同じ頃、関西で下請け業者と支払いを巡り、トラブルとなっていた。自然災害(台風)で発生した追加工事の費用を支払わずに土木業者を泣かせていた。災害復旧工事費用が3億以上少なく見積もっても掛かるのに災害保険が2億しか出ないからその金額で工事施工を押し付けて来た。法律的には追加工事に関してはきちんと対価を支払い、事業主として完成まで施工責任を果たす事が常である。ハンファエナジージャパンは、再三に渡り未払い等を繰り返し下請け業者は結局、6億円近い負債を背負わされ倒産したとの事。ハンファ社の行為は独占禁止法違反他コンプライアンス遵守とは程遠い内容。和歌山の現場作業員が重機の中で死んだ事実も隠蔽しているとの告発もある。朝鮮企業はヤバ過ぎる。契約不履行や常識を逸脱する事が当たり前という感覚がズレている。

それにしても太陽光ビジネスに絡む係争問題が多過ぎる。経済産業省の政策の失態としか言えない状況だ。この様な混乱が起きる事は目に見えていたのに、一部の売国奴(菅直人含めた旧民主党等)が進めた偏った脱原発・再生エネルギー政策で日本のエネルギー市場は大混乱に陥っている。

下請け業者から様々な告発の情報が数多く寄せられている。管理する行政監督庁にも近日、告発するとの事で今後、他の被害にあった企業も次々に名乗り挙げてくるであろう。

関西のメガソーラー工事で下請け業者と追加工事の代金未払いでトラブルになった際、トップ自らが取引先に出した火消し行為のメール

日本語の使い方が意味不明?!

問題の現場写真

和歌山県が出した開発許可証

※下請法(下請代金支払遅延等防止法)&独占禁止法

当該法は、独占禁止法の特別法として制定された。大規模な親事業者から小さな下請事業者を守るための法律。また、独占禁止法で定める、親事業者による下請事業者に対する「優越的地位の濫用行為(親事業者が強い立場にあることを利用して、不当な要求や支払い遅延等を行ない、取引先に不利益を与える行為)」を取り締まるための特別法でもある。

●親事業者4つの義務

⑴支払期限を定める義務(法2条2項)
⑵書面の交付義務(法3条)
⑶遅延利息の支払い義務(法4条2項)
⑷書類作成・保存義務(法5条)

●対象となる4種類の取引

⑴情報成果物作成委託
⑵製造委託
⑶修理委託
⑷サービス提供委託
 ・ビルメンテナンス、運営などの各種サービス
  建設業を含む事業者への「建設工事委託」はこれに含まれる

■禁止行為と判断されると

⑴禁止行為の取り止め
⑵原状回復
⑶再発防止措置

等の勧告を受けることになる。

勧告に従わなかった場合は、独占禁止法に基づく「排除措置命令」「課徴金納付命令」が出される。この場合、民事上「損害賠償請求訴訟」に発展する。さらに、企業名・違反内容等が公正取引委員会のホームページで公表され、企業の社会的信用失墜およびブラック企業の烙印が押されることになる。

※建設業法第42条または第42条2項

建設業の下請取引においては「請負代金の支払い遅延」「不当な減額」等、不正取引行為を用いていると認めれるときには、建設業法に基づき国土交通大臣、都道府県知事、または中小企業庁が公正取引委員会に対し、独禁法に従って処分措置することを通告できる。

伊東市のメガソーラー問題の現場

伊東の港のそばに韓国系企業がメガソーラー 「海に土砂が流れ込む」「反対の声」にも計画は進み…

伊東のメガソーラー、FIT法違反で改善命令 経産省

2019年1月17日 22:00    産経新聞

経済産業省は静岡県伊東市で計画が進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡り、事業者の伊豆メガソーラーパーク合同会社(同市)に対し、再生可能エネルギー特別措置(FIT)法に違反するとして改善命令を出した。命令は11日付。経産省は今後、計画の改善が進まなければ、事業の取り消しもあり得るとしている。

経産省は伊東市が2018年6月に施行したメガソーラー規制条例を踏まえ、FIT法の「条例を含む法令順守」の規定に違反していると判断した。条例ではパネル設置面積が1.2ヘクタールを超える事業は市長が原則同意しないと定めている。市は18年12月、同意を得ないまま工事に着手したとして、事業者名などを公表。国に対応措置を求めていた。

計画では104ヘクタールの事業区域のうち43%の敷地を造成し、発電出力約40メガワットのメガソーラーを設ける。着工時期を巡り、市条例が適用されるかどうかが焦点になっている。経産省はこれまでも市条例に違反しているとの見解を示し、同社を指導していたが、改善命令は初めて。

2012/8/16 聯合ニュース

韓国財閥ハンファ会長に懲役4年の実刑=横領など

【ソウル聯合ニュース】ソウル西部地裁は16日、会社に巨額の損失を与えた罪(特定犯罪加重処罰法上の横領・背任)などで起訴された韓国財閥ハンファグループの金升淵(キム・スンヨン)会長に懲役4年と罰金50億ウォン(約3億5000万円)の実刑判決を言い渡した

 同地裁は「ハンファグループの筆頭株主としての影響力とオーナー一家の地位を利用し、特定系列会社を不当に支援するなど(会社に)損害を与えた。犯罪によって最大の利益を得ながら、反省していないことなどを考慮し、厳重に処罰する必要がある」と量刑の理由を述べた。

 また、同会長側近の役員2人に対しても懲役4年と罰金10億ウォン、懲役2年6カ月の実刑をそれぞれ言い渡した。

 同地裁は金会長を含む3人の被告全員を法廷拘束した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2012/08/16/0800000000AJP20120816001900882.HTML

闇営業芸人と反社

闇営業芸人
・ カラテカ 入江慎也(会の仲介役。吉本から契約解除。真っ黒)
・ 宮迫博之 (雨上がり決死隊。歌を披露 & 大野春水夫婦を「アメトーク」の収録に招待すると発言疑惑)
・ 田村亮 (ロンドンブーツ)(優秀者表彰式の花束贈呈)
・ レイザーラモンHG (※営業衣装を準備)
・ 福島善成 (ガリットチュウ)(※営業衣装を準備)
・ 加藤歩(ザブングル。名古屋NSC出身で元吉本。現ワタナベエンターテインメント所属)
・ 松尾陽介(ザブングル。名古屋NSC出身で元吉本。現ワタナベエンターテインメント所属)

振り込め詐欺グループ 
・ 金沢宣秀こと、金宣秀 (在日。振り込み詐欺で大野春水と共に逮捕)
・ 高松聡 (大野春水の盟友で、振り込み詐欺Gトップ。後に逮捕)
・ 湯本玲也(10年に高松聡と共に、振り込み詐欺で逮捕)
・ 小林宏行(CARISERA(カリセラ)代表取締役社長。高松聡と共に振り込み詐欺で逮捕)
・ 李相訓 (在日。かつて大野春水と共に振り込み詐欺で逮捕)

宮迫博之、反社で吉本と契約解消

宮迫博之、反社で吉本と契約解消。横浜市の反社親密交際の在日韓国人三世横浜市議はどうなるのか?同市議に融資している横浜銀行とかながわ信用金庫はどう対応するか?

会見したら連帯責任でクビにする-と圧力を吉本興業経営陣から掛けられたと宮迫博之らは会見で暴露していますね。反社と吉本興業との繋がりは長い歴史があるのでほどほどにした方が良いのでは・・。宮迫博之の弁明は理解出来ますが、詐欺集団や金塊泥棒など反社と複数回交際していた事は言い逃れ出来ないと思います。カネ貰うにしても相手を選んで営業すべきです。吉本はファンタンゴと言う子会社のいざこざでも反社との関わりが囁かれていました。反社排除を本気でするのか?!

吉本興業幹部が発言したと言われる内容

「(岡本)社長から『お前らテープ回してないやろな?』」と発言内容を録音していないかを疑われ、謝罪会見を開きたいと申し出た田村に対しては「お前(亮)やめて、1人で会見したらええわ!やってもええけど、ほんだら、全員連帯責任でクビにするわ!それでもええんやったら会見をやれ!お前ら全員をクビにする力があるんや!」

吉本興業のファンタンゴ

お家騒動じゃない!? 中田カウス襲撃事件の裏に小室哲哉か
日刊サイゾー 2009年1月16日 11:00 0

先日9日に報道された、吉本芸人のドン・中田カウスが金属バットを持った男に襲撃された事件。その背景には、いまさらあえて説明するまでもないが、吉本興業のお家騒動が何らかの影響を与えているとされている。

だが、ここにきて吉本の内情に詳しい関係者から衝撃証言が飛び出した。

「お家騒動? まあ確かにまったく関係ないとは言えないですが、それよりも小室哲哉がらみじゃないかな」

小室といえば、1990年代後半に世界的なメディア王のルパート・マードック氏との合弁で香港に「ロジャム」という会社を設立。しかし04年5月21日には、同社の株式を手放した。

それを買ったのが吉本興業と株式会社フェイス。さらにそれを吉本傘下のファンダンゴの株式と交換したが、このときの資金の流れに捜査当局がいまだに注目しているというのだ。

昨年の小室逮捕のとき盛んに報じられた「香港投資失敗で小室借金70億円」。まさにその真相解明のヒントが前出の金の流れに隠されているという。

「当時の吉本と小室の関係の裏表を知っているのはまさにカウスなんです。今月21日に小室の初公判が大阪地裁でありますしね。その直前に起きた事件なのでなんだか気味悪いですよ」(前同)。

しかもカウスを襲撃した男は殺すつもりはなく「間違いなく脅かすのが目的だった」と専門家筋も分析しているほどだ。公判に影響を与えるような証言をカウスにするなという意味合いの方が、お家騒動よりも可能性が高そうだ。

吉本興業「ウソ」で潰されたメンツ、相互不信の背景

スポニチ

会見したら連帯責任でクビにする-。宮迫博之(49)田村亮(47)は20日の会見で、謝罪会見を制止されてきた経緯を明らかにした。

一方で、吉本側は、5月に2人が「闇営業」に出席していたことを把握して以降、金銭の受け取りを否定した虚偽発言に振り回された。吉本興業ホールディングス大崎洋会長(65)は、2人が出演するテレビ各局に番組続行を依頼していたがメンツをつぶされた。

吉本興業は当初、宮迫と亮以下の芸人を徹底的に守るつもりだった。先月7日発売の雑誌「FRIDAY」が反社会的団体での闇営業を報じる前に、同4日にカラテカ入江慎也(42)を闇営業を仲介したとの理由で契約解消。初動で事態の収拾を図ろうとしていた。

当初、事の成り行きを甘く見て、金の受け取りを否定していた宮迫と亮は、「反社会的団体相手とは知らなかったこと、金銭の受け取りはなかった」と会社に報告していた。吉本興業も2人の証言を信じて動いた。

大崎洋会長は、2人が反社会的勢力から「金銭を受け取っていない」と報告したことを受けて、テレビ各局、スポンサー関係者に番組続行を依頼していた。その後、同8日に2人の発言が虚偽だったことが分かり、完全にメンツをつぶされたという。

中田宏元横浜市長参院選出馬決定

中田宏(鄭宏)さんには頑張って頂きたいです。日本を本気で変えて頂きたいです。在日のスターとして、北朝鮮問題解決に尽力してください。

時事通信社

自民党は24日、夏の参院選比例代表候補として、横浜市長などを務めた元衆院議員の中田宏氏(54)の擁立を決めた。

池袋の老人暴走事故の加害者についてのネットニュースの真偽は?

ネットニュースでは、こう言う報道も出ているが真偽は如何に?

飯塚幸三の表記

 朝日新聞:実名+「さん」付け
 読売新聞:実名+肩書き(元院長)
 毎日新聞:実名+「さん」付け
 産経新聞:男性
 NHK:実名+肩書き(元院長)
 共同通信:男性、実名+「さん」付け
 時事通信:男性

透析治療問題

透析治療問題、患者への配慮がまだまだ足りていない。国レベルでもっと患者に対するケアの大切さを広めるべきだと感じます。

旅行透析斡旋で1回あたり5000円のフィーを受けとるビジネスも仕組みとしては面白いですね。

*旅行透析施設紹介(国内)1件につき3,000円(消費税込3,240円)

*旅行透析施設紹介(外国)1件につき5,000円(消費税込5,400円)

「人工透析」究極の命の選択 延命か、中止か―2019年4月21日号

 透析大国ニッポンが難題に直面している。東京都福生市の公立福生病院で昨年8月、腎臓病の女性(当時44歳)が人工透析を取りやめて死亡した。延命か、中止かという「究極の命の選択」を巡り、さまざまな議論を呼んでいる。尊重すべきは一体、何なのか。

 3月下旬。東京・池袋の喫茶店で、一人の男性が長袖シャツの左袖をまくりあげた。
「やっぱり、痛いですよ。針を刺す時は」
 沖縄・宮古島在住の池間真吾さん(48)。腕の血管が太く膨らんでいる。人工透析を受けるため、手術で動脈と静脈をつなぎ合わせた「シャント」があるためだ。透析歴は10年になる。
 広島の放送局で報道記者だった30歳の時、会社の健康診断でたんぱく尿を指摘されたが、夜討ち朝駆けの激務を続けた。好きだった旅の仕事をするため34歳で脱サラし、沖縄に移住。民宿やレストランを経営し、仕事は順調だった。
「自営業になった4年で病気が進んだのでしょう。健康診断を受けることもなかったですから。たまたま受けた血液検査で腎臓病であることがわかり、透析をした方がいいと言われました」(池間さん)
 人工透析を始めると週3回の通院が一生続くことになり、仕事も旅行も思い通りにならない。そんな不安から透析を拒否し続けた。顔がむくみ、夜中に寝ていると足がつるという症状に見舞われた。腎機能の低下を示すクレアチニン値は、正常の20倍にまで上昇した。
「このままでは死にます」
 医師から最後通告を受け、38歳で透析を導入することになったのだ。
「半年透析を拒否し続けた間、尿毒素が体内に回って血管がボロボロになりました。内臓からの出血で19回も手術しました」
 そう振り返る池間さんは今、透析患者が出張や旅行先で困らないようサポートする会社「旅行透析」を経営している。透析患者を全国各地に在宅雇用し、2年かけて日本全国4000以上ある透析医療機関の情報をデータベース化するとともに、旅先での透析病院の手配などを提供する。

 ◇患者33万人、年医療費1・6兆円

 出張先の東京で透析を受ける池間さんに同行し、「東京透析フロンティア池袋駅北口クリニック」に着いた。池間さんは体重を量ると83キロ。ベッドに横たわりながら、こう説明する。

「今日は5時間受けます。昨日は7時間受けました。一般的に透析は週3回4時間程度と言われますが、体重40キロの人と80キロの人が同じ時間というわけにはいきません。長時間透析した方が体調はいいのですが、そのことを知らない人や、時間の制約があって受けられない人もいます」
 腎臓には、食事をしたり水を飲んだりして体にたまった余分な水分や老廃物をろ過し、尿を作り出す役割がある。透析療法は腎臓病が進行して腎不全になり、その役割が自力ではできなくなった患者に対する治療法の一つで、専用の装置を使って血液中から老廃物や余分な水分などを取り除く。血液を体外に出して除去用の膜に通した後、再び体内に戻す「血液透析」(上図)が日本ではほとんどだ。池間さんの場合、5時間透析を受けると体重が3キロ減るという。
「腎臓は一度壊れるともとに戻らない。生活習慣の改善と定期検査を欠かさないこと、再検査と言われたら必ず行くことが大事です」
 自らを反面教師に、透析患者の実態を情報発信する池間さん。妻と7歳、4歳、1歳の子どもとの生活を守るため、透析で命をつなぐ。福生病院の問題については、こんな感想を述べた。
「家族からの腎臓移植などほかの選択肢はなかったのでしょうか。44歳とまだ若い。”透析中止”という死の選択肢を与えるというのは考えられません」
 日本透析医学会の統計によると、2017年末時点で国内の人工透析患者数は33万4505人と年々増加傾向にある(219ページ表1)。平均年齢は68・43歳で、原因のトップは糖尿病だ。人口100万人あたり2640人、人口比では台湾についで世界で2番目に多く、国民の378・8人に1人が透析患者という”透析大国”である。血液透析は月40万円程度かかるが、患者の経済的な負担を減らすための公的助成制度があり、自己負担額は月1万~2万円程度。1人の透析患者の年間医療費は約500万円で、国内の透析にかかる医療費は推計1・6兆円に達する。
 透析には血液透析のほか、自らの腹膜を使って尿毒素の除去を行う「腹膜透析」もある。腹部に管を埋め込む必要があり、血管ほど長期間は使えず、10年程度が限界とされ、国内で受けているのは9000人ほどだ。
 また、日本が諸外国と比べて少ないのが、腎移植である。腎移植や透析療法に詳しい新潟大名誉教授で大塚台クリニックの高橋公太院長(70)が解説する。
「日本では腎不全患者の約9割が透析療法を受けているが、ヨーロッパでは移植と透析療法の割合は半々。移植で腎機能が回復すれば、週3回通院する透析療法より生活の質は向上します」

 ◇透析患者の「終末期」とは何か…

 日本移植学会の「臓器移植ファクトブック2018」によると、17年の腎移植件数は1742件。親族間の生体腎移植が1544件と大半で、主流となるべき脳死と心停止後を合わせた献腎移植は198件にすぎない。献腎移植希望の登録者は約1万2500人いるが、年1%強しか実施されていないのが現状である。高橋氏が言う。

「腎移植に関する情報が十分伝わっておらず、臓器提供者が少ない。日本人の死生観も影響していると感じています。福生病院の問題は単に事件として取り上げるのではなく、これをきっかけに腎臓病患者の治療がどうあるべきか議論を深め、尊厳死や患者本人の意思をどのように尊重すべきか考えるべきです」
 患者の立場からの意見にも今一度耳を傾けたい。イラストレーターの中村益己さん(53)は38歳の時、血液透析を始めた。幼いころに膀胱(ぼうこう)炎になり、その菌が腎臓に逆流して腎臓機能が弱ったのが原因という。患者同士の交流や透析に関する知識を解説した漫画『透析バンザイ』の著者でもある中村さんが、福生病院の問題についてこう話す。
「透析中止ではなく、患者さんや家族への”心のケア”が必要だったと思います。通院の透析治療は長時間拘束されるのでストレスがたまります。『日本の透析医療は世界一』といいますが、患者の心の問題にも目を向けてほしい」
 中村さんは今、在宅血液透析をしている。施設でする血液透析を自宅で行うもので、自分の都合に合わせて透析の回数や時間を調整できるため、通院よりも体は楽になったという。
 さて、今回の問題の論点の一つに透析患者の「終末期」がある。末期腎不全という病名から「透析患者=終末期」とする意見もあるが、日本透析医学会は3月25日、「透析を行っている患者さんは終末期には含まない」と声明を発表した。
 219ページの表2は、患者の透析歴を示したグラフである。腎臓内科医として約50年間、透析医療に関わる西クリニックの西忠博名誉院長(75)がこう言う。
「透析によって体をコントロールすることで患者は長年にわたって命をつなぎ、ほぼ普通の生活をしています。看取(みと)りも経験しましたが、余命宣告を受けている患者でも最後まで透析の拒否はありませんでした」
 日本透析医学会によると、17年末時点の透析患者の平均透析歴は7・34年。10年以上は27・8%を占め、最長で49年を超える。透析を導入し始める平均年齢は69・68歳と高齢化が進み、さまざまな重度の合併症を抱える患者も増えている。西クリニックでは16年、「終末期にどのような治療を受けたいか」というアンケートを外来患者142人に実施した。対象者の平均年齢は66・4歳で、その結果について西氏がこう説明する。
「終末期に回復の見込みがない状態になった場合、人工呼吸器や胃ろうなど他の延命治療はほとんどの人が希望しませんでした。ところが、透析は継続を望む患者が3割いたのです。長年透析を受けながら生きてきた患者にとっては、『透析中止や見合わせ』は重い判断といえるでしょう」

沖縄・伊計島大泊ビーチ駐車場トラブル

綺麗なビーチでトラブルを繰り返す違法業者

ビーチ使用料、及び入場料不当金銭強制請求 侵害利得 
ビーチ業者が発言してる、公衆トイレの管理、
道の整備、奥にある浜へとつづく道は 崖にはなっておりません。
すべて いったもん勝ち、虚言、詐欺行為です。

うるま市伊計大泊ビーチ業者(坂道奥 黄色い看板目印、誘導、広告)固有地ビーチ管理者ではありません。
あくまで業者私有地内での「開設者である」
業者施設内で使用するシャワー料金、及び駐車料金のみ。
浜辺までついてきて、金銭の不当請求、施設管理料を支払う必要はありません。

ビーチは国有の土地です。
誰もが自由にはいれます。
伊計大泊公衆便所は うるま市の土地であり施設です。
トイレ水道代を支払っているという業者の主張は「不動産侵奪罪ふどうさんしんだつざい」
不法占拠、刑法で犯罪です。(経済省 助言)

大泊ビーチ(黄色い看板業者)が施設内からビーチに入るように誘導します。
道の奥には砂辺へ降りれる道があります。
そこを 「崖があるので気をつけてください」と脅迫、危険心をあおり、施設内に誘導しょうとします。
正しい知識をもって 対抗しましょう。
なお、大泊ビーチは地名であって 商標登録されておりません。
業者が整備したという民間の土地の上を歩いただけで 施設内使用料金請求は利害利得罪です。
看板にも事前に料金は書かれておりません。

※ビーチを使用、立ち入りするにあたって入場料、及び施設管理料は支払う必要はありません。

沖縄・伊計島大泊ビーチ駐車場トラブルについての
http://www.tomocci.com/oodomari/