県民投票実施へ。玉城デニー沖縄県知事 辺野古移設を過去に容認していた!!

基地反対を叫びながら、経済支援を政府に求め、了承されれば直ぐに容認に転ぶ。この繰り返しが沖縄の実態。鳩山由紀夫が民主党政権時に『普天間基地は最低でも県外移設』を覆し辺野古容認に転んだ時に、玉城デニーは『鳩山総理が沖縄の基地の在り方を提起したのは素晴らしい英断だった』と評価し鳩山を擁護していた。この様な輩が沖縄の基地問題を本気で解決させる気があるのか?疑問である。

■ 玉城デニー知事が辺野古へ現基地移設容認か? 
 > 普天間飛行場について「私たちが移設場所をどこにしてと言明、限定する必要は 
  ない」と述べた。 

 > 「米海兵隊の運用は、米側が構築していく問題だ。 
   沖縄県側が米軍の運用について言葉を挟むことはできない」 

https://www.sankei.com/politics/news/181004/plt1810040015-n1.html

田中康夫氏の沖縄に対する思い

Vol.449 『チキンな「エセ保守」だから住民投票&ネット署名が怖いんでしょw その劣化振りに橋本龍太郎も小渕恵三も梶山静六も泉下で泣いてるぞ!』

田中康夫氏は単なる基地反対派ではなく、嘉手納に海兵隊&空軍が同居出来ないのが米国のセクショナリズムでしかなく、嘉手納への統合案を支持している。辺野古は2000mの滑走路で2500m必要な機材は離着陸出来ない欠陥計画と指摘。故に有事の際には那覇空港を使用と米国は明言している事を挙げている。この事から、沖縄本島の北3分の1を占める北部訓練場に軍民共用空港を設け、リンゴ・スターも愛するハワイ・マウイ島のハナマウイ的なリゾートを設けるべき、との考えを持つ。本島の南から3分の1地点が那覇市。更に3分の1進んだ(即ち3分の2)地点が名護市。その上に3分のI、住民が殆ど住んでいない時空があるから、そこを利活用しない手はないとの考えも示している。