京急脱線事故でNHK記者が勝手に線路内侵入

横浜市内での鉄道事故が頻発しています。横浜市交通局も民間の鉄道会社も安全管理を軽視しているのでは?!京浜急行はカジノ含めた統合型リゾート(IR)の有力候補業者。外資系と組んでカジノを開設する事になっても管理体制をきちんとしてやって頂きたいですね。この事故の現場で天下のNHK様が無許可で京急の線路内に侵入して撮影している事が判明。良識を疑いたくなる報道姿勢に呆れ果てました。

京急の事故の取材でやりたい放題のNHK記者!

【余談】BBC受信料徴収はNHKよりエグい?~世界の公共放送事情~

日本のNHKに近い状態で賄われているのが、イギリスBBC。
▼イギリスの受信料制度
・イギリスは受信料を強制徴収。年間2万円くらい。
・やはりイギリス人のなかでも、BBCにお金払うのイヤだという人はいる。
★じゃあどうやって支払わせているのか?
⇒これは、郵便局で1年間有効の受信許可証を買う、という仕組み。
 テレビやビデオデッキを所有するために、許可証が必要。
 そして支払ってきた証拠がないと購入できない。
 その結果、受信料支払い率98%!
★無許可受信者には1000ポンドの罰金(現在だと13万円)。
⇒つまり、強制力が日本と全然ちがう!

事故直前に、トラックの運転手が京急の社員にトラックの移動確認をしていながら起きた事故との事。

横浜市営地下鉄脱線事故

事故原因がお粗末過ぎですね。安全確保の大原則を厳守せず、市民へのサービス精神が欠けている事の表れですね。くだらないイベントや中途半端なハマ弁など愚策を繰り返す横浜市らしい事故頻繁トラブルです。東急か京浜急行に運営管理は委託し、横浜市交通局はインフラ整備と公共非営利事業に特化するのも一案ですね。

交通局保守点検作業員による横取り装置の点検終了後に、本線レール上の横取りレールを所定の位置に戻し忘れ、その上に車両が乗り上げた事が原因とは情けない。