本文へスキップ

tomocci.com 東京新報 特集記事

横浜市役所港記者会 東京新報TEL.045-671-3325

〒231-0017 横浜市中区港町1-1 横浜市役所内港記者室

東京新報 特集記事

 




 林文子さん
 父親は築地の青果市場で仲買人をしていたが、
 小学5年の時に事業に失敗。
 元々働くことが好きだったこともあり、小学生から貿易事務所で
 お茶汲みのアルバイトをして家計を助け、
 中学・高校時代も休みになるとアルバイトに励んだ。
 65年に高校を卒業して東洋レーヨン(現・東レ)に入社。
 22歳で松下電器産業に転職したが同僚と婚約したため退社し、
 立石電機(現・オムロン)に転職した後結婚。
 結婚後は職場を転々としながら仕事を続けていたが、
 自動車を購入した時に出会ったセールスマンに影響を受け、
 77年にホンダの量販店に入社。
 当時まだ珍しかった女性セールスとなると、
 以後1日100軒を目標にした積極的な訪問と
 丁寧な接客で販売を伸ばし、トップセールスを達成した。
 営業所長も務めたが過労で身体を壊したため
 87年にビー・エム・ダブリューに転職。
 ここでもトップセールスを達成して93年には同社初の女性支店長に就任。
 新宿支店、中央支店で支店長を務めて業績を大きく伸ばしたが、
 ヘッドハンティングされて99年にファーレン東京
 (現・フォルクスワーゲン東京)代表取締役社長に就任。
 4年間で売り上げを倍増させた後、03年にBMWに復帰し
、ビー・エム・ダブリュー東京代表取締役社長に就任した。
 05年5月、今度は経営再建中の大手スーパー、
 ダイエーの代表取締役会長兼CEOに就任。
 社長兼COOに就任した樋口泰行とともにスーパー未経験の
 二人で再建を目指し、自らCMにも出演。
 06年10月に樋口が退任して西見徹が社長に就任すると、
 同時にCEO、COO制度が廃止されたため会長専任となり、
 07年5月には代表権を持たない副会長に就任。
 08年2月には「消費者行政推進会議」のメンバーに選ばれた。
 なお同年に放送されたNHKのドラマ【 トップセールス 】は
 林の半生を参考にして制作されたものだと言う。
 08年3月にダイエー副会長を退任、
 5月に日産自動車執行役員に就任すると6月に
 執行役員を退任して東京日産自動車販売代表取締役社長、
 並びに東日カーライフグループ取締役会長に就任した。
 09年4月には東京日産社長執行役員となったが、
 同年8月、東京日産社長及び東日会長を辞任。
 中田(鄭)宏市長の辞任に伴う横浜市長選に無所属
 (民主党推薦、国民新党支持)で立候補し、当選。
 同市初の女性市長となった。



人呼んで〈横浜の舛添〉 林文子市長はヘアメイク代も税金だって
「週刊文春」2016年6月2日号

 人口三百七十万人を抱える日本最大の政令指定都市、横浜。その首長ともなれば、給与は全国の知事、市長の中でもトップクラス。年収は約二千四百万円(二〇一四年)で、舛添要一東京都知事に次ぐ。だが舛添氏同様、林文子横浜市長(70)の「公私混同」に疑問を投げかける声もあるという。

 BMW東京社長、ダイエー会長などを歴任し、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の「注目すべき世界の女性経営者五十人」に選ばれた林氏は、二〇〇九年の横浜市長選で初当選。現在二期目だ。
「二〇一三年に全国でワーストワンだった待機児童の数を、民間事業者と連携するなどしてゼロにしたと発表。安倍晋三首相が『“横浜方式”を全国に広げる』と絶賛しました。ただカラクリがあって、それまでの市の『待機児童』の定義から、親が育児休業中や職探しをしている場合を除いています」(社会部記者)
 高卒で就職し、男女雇用機会均等法のない時代に民間でキャリアを積んだ苦労人の林氏だが、公金に対しては甘い面があるようだ。
「舛添氏が外遊に五千万円使っていた問題について、林市長は会見で『ちょっと度が過ぎている。考えられない』と断罪した一方で、自身が飛行機でファーストクラスに乗った点については『ケースバイケース。年齢も七十歳になって、体調維持が大事』と理解を求めました」(市政担当記者)
 一一年の東日本大震災を受け、林市長は市長公舎に単身で居を移したが、その際のリフォーム代には市の税金千七百万円を使った。

「以前、鳩山由紀夫氏が首相公邸を約四百万円かけてリフォームし批判を受けたことがありました。一九二七年建設の建物だけに改修が必要とはいえ、前任の中田宏氏は家族で住んでいた。公舎で『おもてなし』をすることも理由としていますが、二〇二〇年の東京五輪に向けて外国要人を迎えるため、新市庁舎の建設を急いでいます」(同前)
 さらに林市長は、セコい税金の使い方をしていると、市の関係者が告発する。
「広報番組や広報誌に出演したり、イベントに参加する際、林市長の希望でスタイリストをつけて髪のセットなどをするのですが、市の税金を使っています。一回あたり三万円ほどで目立たぬよう、さまざまな課の支出として計上しています」
 そもそもスタイリスト代に公金が使われることはあるのか。同じ神奈川県の黒岩祐治知事は「男性なので必要ない」(知事室)。
 女性知事も「スタイリスト代の計上はない」(高橋はるみ北海道知事)「ヘアメイクなどはすべて自費」(吉村美栄子山形県知事)と、口をそろえる。元滋賀県知事の嘉田由紀子氏が語る。
「女性首長としてイメージは大切とはいえ、税金を使うことなど考えられません。私は公の場で着物をよく着ましたが、着付けもヘアメイクも自費でした」
 林市長は秘書課を通じ、次のように回答した。
「広報番組など市で映像の作成をする際には、撮影用のメイクを行っています。市長就任後、確認できただけで八回、市から支出がありました。林市長個人への化粧やヘアセットの料金として一回あたり約三万円です。これは女性だからというわけでなく、他の共演者にも支出したケースもあります。市の事業として必要な支出と考えています」
 第三者の目にはどう見えるのか。論議を呼びそうだ。


離婚説まで!? 林文子横浜市長が“港の親分”の尾を踏んじゃっ
2014/07/03 05:00 週刊文春

 二〇〇九年に横浜市長に当選し、二期目に入った林文子氏(68)。米経済誌『フォーブス』で注目の女性に選ばれ、ダイエー会長、日産自動車執行役員を歴任という華麗な経歴の持ち主だ。
 その林市長が四月半ばから約二カ月間休み、入院・療養した。その理由を巡り、様々な話が流れている。

 その一つが“離婚説”だ。
「市長は震災後、家が遠いとの理由で、夫を残して公舎に移りました。その頃から離婚の噂が上りはじめた。今回も『調停が進まないために休んだ』との話が出ました」(地元記者)
 夫は、林氏がパナソニックに勤務していた時の同僚Y氏。家にひとり残されたY氏は定年退職後、水彩画の趣味が高じて二年に一回個展を開いている。
 Y氏に真偽を確かめると、「離婚はまったくありません。悪意を持った人が(話を)流している。(病院へ)見舞いにも行きましたし、そんなデマは気にしないで下さい」と全面否定する。

 だが、それよりもっと深刻な情報もある。
「林市長は、最初は民主党の支持で当選。二期目は自民・公明の支持も得て圧勝しました。地元財界も支持し、中でも有力支援者が、“横浜のドン”藤木氏です。そのドンを怒らせてしまった。その心労で入院したとの説です」(関係者)
 ドンとは港湾業の「藤木企業」(横浜市)を率いる藤木幸夫氏(83)。横浜港運協会の会長を務めるほか、横浜スタジアム会長、横浜エフエム社長にも就き、名実共に横浜随一の実力者だ。
 発端は、下水処理で発生する汚泥の焼却灰だった。
「震災後、焼却灰から放射能が検出されてリサイクルできなくなり、横浜市は震災から半年後、港湾部への埋め立てを発表しました。
 これを事前に聞いていなかった藤木氏は激怒しました。市役所に怒りが伝わると、林市長が横浜港運協会に即刻駆けつけ、藤木氏と一対一で面談して謝罪。市長はその場で計画凍結を約束しました」(同前)
 しかし、その後二年半、市は埋め立て計画を変更なく進め、港運協会が猛反対する膠着状態が続いている。
 港運協会の担当者が語る。
「放射能の基準を大幅に緩和して焼却灰を埋めることは、納得できません。釜山港に対抗できる横浜港の開発が約束されたはずなのに、支障が出るのは明らかです。しかも市は、新しい提案は一切無く、そのまま計画を強行しようとしています」
 実際、市長の行動記録を確認すると、林市長と藤木氏は疎遠になっているようだ。林市長が藤木氏と面会したのは、一〇年と一一年は十回、一二年は四回、昨年は六回。しかし昨年十一月末を最後に、今年はいまだに一回も面会していない。
 一方で昨年秋、市議会では、林市長と藤木氏の癒着が問題視された。
「焼却灰を埋める代わりにコンテナに入れて保管する作業を、市は港運協会に随意契約で発注した。十億円を超える巨額の事業です。『選挙を控え、林市長が藤木会長側に利益供与したのでは』との疑惑が議会で追及されました」(横浜市議)
 問題の焼却灰は保管場所がついに満杯になり、袋のまま保管場内の通路にまで積み上げられている。
 入院理由について横浜市役所は「検査しましたが病名はついていません。過労と思われます」と語るのみ。
 焼却灰とともに心労が増してしまったのだろうか?


名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/28(土) 23:45:29.63 ID:s69JeJlH0
現市長の林文子は?


8月に開催されるバレエで日本を元気に!(Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2012)は
東日本震災復興事業のダンスイベントなのにどうしてダンサーでもない
ナビゲーターの元宝塚和央ようかは選出されたの?
和央ようかは震災後直ぐに基金を立ち上げて集まった一千万円以上の義捐金を
半年以上放置した人物。
非難が殺到して11月になってようやく一部の現金を寄付したが
残りはピアノを寄付とだけで領収書はおろか金額も明らかにせず
詳細不明のまま残金のみ記載し、未だに募金を募っている。
雑誌で非難されたことを全く反省せず「やったもん勝ち」と言い放った。
被災地に赴いた時も被災犬保護施設に愛犬を連れて行き、
「被災地にいくざます」「ipad落としたからストアーに行かなくちゃ」とツィート、
そして被災船をバックに記念写真撮影。

市長は宝塚ファンで和央にエスコートされてうっとりしてる宝塚観劇を目撃されている。
この人が復興イベントに出演するのは相応しいか疑問です。
市長の個人的趣味ですか?
公私混同ではありませんか?

  

















































スタッフ写真

東京新報店舗情報

東京新報

〒231-0017
横浜市中区港町1-1
横浜市役所内港記者室
TEL.045-671-3325
FAX.045-663-4054
横浜市役所