横浜市はカジノをやらざる得ないのか?!

やる方向で動いているみたいですね。IR全体の3%程度がカジノと法案に盛り込んでいる話なので世間で騒がれている程の問題にならないのでは?横浜市はやるだけやってみる的な形で落ち着くのか?左翼的発想の市民が横浜市には多いので少し偏った見方の報道がなされている事を危惧致します。カジノ賛成派の真意やカジノ自体がギャンブル主体と言うよりは上流階級の社交場になる見方もある事をもっと報道しても良いのでは?山下埠頭でのカジノを横浜港運協会は反対の立場との事で国際展示場を含めたリゾート開発を推進していますが、横浜商工会議所はカジノありきのリゾート開発を推進している状況。どうせなら両方作ってみてはいかがか?カジノはあくまでも上流階級のサロンで外資系に収益が吸いとられないシステムを導入し、カジノ入場については一定の所得や社会的地位、反社で無い事などルールを厳密化すれば良いと思います。国際展示場は、コンサートやスポーツの試合にも活用出来るオールラウンド型にすればなお良いと考えます。横浜市の将来の利益を考えてしっかりとした議論を望みます。

投稿者: